スポンサードリンク

最大の効果が出せる演習って何よ?

「演習」はノーリスクで経験値を獲得することができるオイシイ要素。なるべく最大の効果を出せる演習を目指そう。

 

他提督の艦隊と対戦を行う演習は、通常の出撃とは異なったシステムとなっている。リスククなく大量の経験値を入手できるので、効率よく艦娘をレベルアップしたいなら、絶対に利用したい。

 

演習の対戦相手は自動で5人が選択され、それぞれと演習を行うことができる。演習は毎日3時と15時の2回更新されるため、1日に最大10固まで演習が可能。

 

この10回の演習を毎日欠かさず行うかどうかで、艦娘育成に大きな開きが出ることになる。

 

演習の特徴

修理の必要がない

演習は実際の戦闘ではないため、どんなに大ダメージを受けても修理は不要。ただしダメージが回復しているわけではない(演習前にダメージがあれば、その状態に戻る)。

 

轟沈しない

轟沈するほどの攻撃を受けても HPは必ず1残った状態になるので、轟沈の心配はない。ただし、 HPが1になった艦は轟沈したものと同等と見られるため、演習中は戦闘行動を一切取ることができなくなる。

 

疲労がほとんどない

演習では戦闘後に疲労度が低下しない。夜戦に突入した場合のみわずかに溜まるが、5団連続で夜戦に参加しても、能力値に影響が出るほどではない。

 

補給の必要がある

演習で一戦するごとに、通常の戦闘一回と同量の燃料・弾薬を消費する。艦載機の補充もされるので、空母を多用するとボーキサイトを大量に消費する。

 

表示される艦隊は第一艦隊

対戦相手として表示されるのは第一艦隊のみ。同様に、自分が演習を挑まれる時も第一艦隊で対応することになる。

 

挑まれた演習は自動処理される

母港のログに演習で挑まれた際の勝数が表示される。獲得経験値および戦績には影響しないので、放置時の編成は気にする必要はない。

 

他の提督に挑まれた演習は自分の経験値や戦績には影響しないので、放置時に高レベル艦娘を単艦で放置している提督もいる。

 

高レベル単艦放置は相手が経験値を大量にもらえ、かつ艦隊のキラキラ化などにも使えるため、非常に喜ばれる。

 

自分が得するテクニックではないが、もちつもたれるということで単艦放置をしてみてはいかがだろう?

演習の相手はどうやって選ばれるの?

演習でトの対戦相手は、司令部レベルが近いプレイヤーが4人(うち3人はランキングで自分の直上)と、自分より司令部レベルがかなり上のプレイヤーが1人の合計5人が選ばれる。

 

選考はランダムなので、演習相手が更進されても、再び閉じ相手が表示されていることもある。

 

このとき対戦相手の艦隊はリアルタイムで更新されているため、演習の相手があまり戦いたくない編成をしていた場合は、しばらく待ってみると相手が別の編成に変えている可能性もある。

 

もし時間に余裕があるなら試しみよう。

 

演習で得られる経験値は?

演習でもらえる基礎経験値は、敵艦隊の旗艦および2隻目の艦娘のレベルの平均で決定する。つまり、司令部レベルや3隻目以降の艦娘のレベルは無関係。

 

おおむね敵旗艦のレベルもしくは旗艦と2隻自の艦娘の平均レベルどちらかが32を超えていれば、基礎経験値500以上が保証される。

 

逆にいえば、相手提督のレベルが高くとも、旗艦および2隻目の艦娘が低レベルだった場合、得られる経験値は微々たるものとなる(育成艦娘を旗艦にしてし喝提督が相手の場合、たまにある)。

 

また、実際に獲得できる経験値量は下記の勝利判定補正がかかる。

 

評価による経験値倍率補正

勝利S
 ×1.2 被ダメージがOでも完全勝利Sとはならない

 

勝利A
 ×1.0 経験値の補正なし

 

戦術的勝利B
 ×1.0 経験値の補正なし

 

戦術的敗北C
 ×0.64 敗北の場合、通常の倍率からさらに0.8倍される

 

敗北D
 ×0.56 敗北の場合、通常の倍率からさらに0.8倍される

 

 ワザ伝授!

 

演習でも空母の艦載機は撃墜された数だけボーキサイトの補給が必要になるため、資源不足にあえぐような提督だと空母系を演習で育成するのは厳しいはず。

 

そんな場合は空母の全スロットに副砲を搭載すると良い。

 

砲撃のダメージは期待できないが、もともとの対空地が高いので艦隊防空ができる副砲(12.7cm連装高角砲など)を積むと、
敵航空機をけっこうな確率で撃ち落してくれる。

 

ただし、この方法を使うと海域に出撃する際に装備を付け直すのを忘れることが多い。出撃1回分の資源や健康度が無駄になるので、そこだけは注意しよう。

 

スポンサードリンク