スポンサードリンク

艦載機の違いを解説!

艦載機には戦闘機、爆撃機、攻撃機、偵察機、対潜哨戒機の5種類がある。偵察機と対潜哨戒機はその名の通り、索敵と対潜水艦攻撃をそれぞれ行う航空機。

 

しかし、特に名称の似ている前者3つの違いはわかりにくく、よくわからないまま搭載している提督も少なくない。空母をより効果的に運用するためにも、艦載機の違いをしっかりと覚えておこう。

 

艦上戦闘機

制空権・敵艦載機の迎撃に関係する。したがって敵に空母がいなければ仕事の無い艦載機。逆に敵に空母が多い場合は、こちらも戦闘機を多数用意して航空戦に備えたい。

 

  • 対空○
  • 開幕×
  • 通常×
  • 迎撃○
  • 備考:対艦攻撃不可

 

艦上爆撃機

開幕時および砲撃戦時に攻撃する艦載機。制空権にかかわらず安定したダメージを与えられる。単純な攻撃力は艦上攻撃機に劣るが、敵の戦闘機や対空攻撃で撃墜されにくいのが特徴。

 

戦闘回数が多い海域でも安定した火力を維持しやすい。

 

  • 対空×
  • 開幕○
  • 通常○
  • 迎撃×
  • 備考:制空権がなくてもダメージ変動が少ない

 

艦上攻撃機

開幕時および砲撃戦時に攻撃する艦載機。開幕時の攻撃威力が非常に高く、敵に空母がいないマップで全スロットに艦功を搭載すると、開幕で敵艦隊を瞬殺できることも多い。

 

その反面非常に撃墜されやすく、敵艦隊に空母がいる場合は戦闘機と組まないとあっという間に撃墜される。

 

補充時のボーキサイト消費も大きいため非経済的。制空権の有無によるダメージ変動も大きい。

 

  • 対空×
  • 開幕○
  • 通常○
  • 迎撃×
  • 備考:制空権でダメージが変動。撃墜されやすい。

スポンサードリンク