スポンサードリンク

攻撃の順番は?

交戦形態が確定すると、艦隊による砲撃戦が開始される。砲撃は艦隊内で射程の長さで攻撃順が決められ、敵味方交互に攻撃が行なわれる。

 

攻撃順は「超長→長→中→短」の順になるが、敵の空母は駆逐艦よりも短い射程になっており、必ず駆逐艦の後に攻撃を行う。
また、空母の射程は副砲を装備することで変化するため、攻撃の順番を入れ替えることが可能。

 

敵または味方に戦艦がいる場合は2巡回の砲撃が行われる。この砲撃は、射程は関係なく艦隊の並び順で上から交互に行われる。

 

夜戦に突入した場合も、2巡回の砲撃戦と同様の順番で攻撃を行う。

 

砲撃

砲撃開始時に攻撃可能な艦で、射程の長い艦から「味方→敵→味方→敵・・・」で攻撃する。

 

砲撃(2巡目)

砲撃2巡目開始時に攻撃可能な艦で、艦隊の並び順に「味方→敵→味方→敵・・・」で攻撃する。

 

夜戦

夜戦開始時に攻撃可能な艦で、艦隊の並び順に「味方→敵→味方→敵・・・」で攻撃する。

 

スポンサードリンク